ブログ

病に伏して得る物有り!制作部病に伏す・・・(笑)

皆様こんにちは、制作部でございます。9月に入り、本当に少しづつですが、過ごしやすい日々が増えて来ましね。季節の変わり目は、体調を崩しやすい時期でもあります。お体大事になさって下さいね。因みに私は、このブログを描いている3日程前から、子供の『風邪』を見事に頂戴し!自宅で寝込んでいました。子供とは違い、回復の遅いこと遅いこと。情けない限りです・・・

※上記イラストは忠実に制作部を描いたものです。日々の手洗い、うがいは入念に行う事をおすすめ致します。

 

病に伏して得る物有り!

 

自宅で普段TV(テレビ)を見ない私ですが、子供が隣の部屋でアニメを見ていました。しかしそのアニメから聞こえてくるセリフ がとても気になり、のそのそとテレビの前に行って見ると『白血球と赤血球』が主人公のアニメを笑いながら見ていたのです。 このアニメの設定は、一人の人間の体内で働く『細胞』達を描いた作品で、毎回様々な病原菌やウィルスが体内に侵入し、それを 体内の様々な細胞がどの様に働くかを勉強できる内容でした。その作品にでて来る言葉は、とても専門的で私が見た話では、『黄色ブドウ球菌』や『マクロファージ』など、かなり専門的な用語が羅列していました。それでも子供達は、嫌がるそぶりも一切なく、楽しく見ていました。そんな子どもたちを見て、私は衝撃を受けました。伝えたい内容が難しく、伝わりにくければ、伝わりにくい程。見ている側に立って、考える事の大事さをひしひしと感じました。

 

 

 

フローラルホールを知ってもらう?

前記を踏まえて、家族葬ホール フローラルホールの広告について考えてみました。見てくださる方は、どんな事を『知りたい』のか。また、どんな事を『不安』に思っているのか。見る側の気持ちを、もっともっと考えて制作したいと思っています。このブログを書きながら、デスク周辺に貼り出した、過去制作したチラシを眺めていますが、やはりそうです。自分が言いたい事ばかりが目立ち、見てくださる側の事は、二の次になっているように思います。本当の意味でフローラルホールが伝えたいことを、伝えれていないと思っています。

 

※上記イラストは制作部の日常業務の風景を忠実に描いた物ではありません。(ベレー帽はイメージです。)

 

広告では伝わらない事!

葬儀会館・葬儀社としてフローラルホールが一体何を行っているのか、改めて考えて見ました。大前提としては、皆様のお葬式を、お手伝いさせていただいています。一口にお葬式のお手伝いと言ってもたくさんの事があります。例えば・・・亡くなられた御家族(故人様)のお迎えや、そのご安置をお手伝い致します。フローラルホールの会館や、御自宅にご安置をするのですが、文章で見るとすごく簡単に感じてしまいます。そのご安置をする様子を最近になり、葬祭部の部長が執り行う様子を見せていただく機会が有りました。その様子は、ご家族への配慮と敬意を感じる物でした。内容を明確に書けない事、そして勿論ですが映像・画像でお伝え出来ない事が残念でなりません。ただ私がこのブログで本当に伝えたかったのは、皆様の大切な御家族を、フローラルホールも大切にお迎えする、そんなスタッフが居ると言う事なのです。

 

※左から5番目の鹿は、スタッフではありません。ご安心下さい。

 

最後に。

ここまでお読みいただきまして、本当にありがとうございました。私自身、『人生の最後』について考えた事などありませんでした。しかし、この葬儀業界に携わってから、しばしば思う事があります。人生の最後は、誰にでも『等しく』いずれ訪れる事、なのかもしれません。その最後に向け少しでも、長く家族と過ごす時間を大切にしたいと思うのです。そんな、私が務めますフローラルホールでは、たくさんの方のお別れをお手伝いさせていただいております。家族葬会館大阪フローラルホールでは、24時間365日無料のご相談も受け付けておりますので、是非ともご連絡下さいませ。皆様のご相談やお悩みについて親身に対応させていただきます。さらに、大阪フローラルホールでは毎月様々なイベントを開催しております。ご家族・ご友人との交流の場として、お気軽にご参加下さい。大阪の家族葬会館フローラルホールへのご相談、見学、イベントの参加は下記のフリーダイヤルまでご連絡下さい。

 

 

 

 

葬儀ページトップへ