ブログ

管理部 西村宣茂の地震体験記 昭和な男ですんません!

初めまして管理部の西村宣茂です。家族葬会館フローラルホールにて、寝台車で病院などへのお迎えや、霊柩車の乗務をしています。入社1年目ですが、葬儀業界は16年程携わっています。好きな事は、車の運転と仕事終わりに呑むビールですかね。

 

先月の大阪北部地震は皆様大丈夫でしたか?

その時私は運転中で、フローラルホール枚方会館に移動中でした。かなり強い揺れで、いきなり左に飛ばされるように感じ、揺れの後に緊急地震速報鳴りました。停車後に会社や同僚に電話しますが繋がりにくい状況で、高速道路の通行止めや、電車も地震で運転停止し、その影響で道路は大渋滞でした。まだまだ地震被害の復旧途中で、不自由な生活をされている方々もおられると思いますが、今回の大阪北部地震で被災された方々に御見舞申し上げると共に、御亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りいたします。

今回の地震で、私も経験した阪神大震災、東日本大震災が思い起こされました。特に東日本大震災では、被災直後の宮城県気仙沼市で救援活動に従事していました。その関係で、今回の大阪北部地震の直後、気仙沼市の方々から心配の電話やメールが来たことがありがたかったです。東日本大震災当時、私は別の葬儀社で寝台車に乗務していて、当時被災した気仙沼市の葬儀社の救援と、支援物資を届ける役目を受けておりました。一緒に地震直後の気仙沼市で救援活動をした縁もあって、現地の葬儀社とは今でも連絡を取りあっています。

東日本大震災

東日本大震災当時、私自身は揺れたことにも気づかず、同僚からの指摘や報道で地震を知った位でした。地震が発生した当日は、未曽有の大震災や大津波などの報道を見ながら仕事をしていました。次の日会社から気仙沼市にある仲の良い葬儀社が甚大な被害を受けていると連絡が入り、救援物資を現地に届けるのと、現地の葬儀社を支援するために、被災地に行くための緊急車両許可申請をし、3月14日に大阪を出発し、山形経由で気仙沼市を目指しました。

過去に宮城県仙台市までの長距離搬送の乗務経験はありましたが、今回は被災地に行くという事もあり、運転は緊張しました。大阪から名神高速・北陸自動車道で新潟まで向かい、そこから一般道で山形を経由して、宮城県に入り、緊急車両として許可を受けた車しか通行できなくなっていた東北自動車道で気仙沼市に向かいました。

 

撮影:西村宣茂

道路は仮復旧で所々凸凹があり、常に徐行運転が必要な程でした。途中、休憩と給油で立ち寄った安達太良SAは、停電と断水が起きていました。停電の影響で、緊急用の手動操作で給油をし、精算も電卓で計算し、勿論カード類は一切使えず現金のみの支払いでした。そのため、ガソリンスタンドは長蛇の列ができておりました。気仙沼市を目指す道中も、建物の外壁の破損や震災被害で休業中のお店やガソリンスタンドが目立ちました。3月15日夕方に気仙沼市に到着しましたが、海から離れた所にも津波が来た痕跡があり、海に近くなるほど流された車や色々な漂流物が道路に散乱していました。

棺も最初は我々葬儀に関わる者で組み立てていましたが、最後には一般のボランティアの方々が、自ら棺の組み立てに協力していただけるようになりました。身元確認が出来た御遺体から順に納棺していましたが、御遺体の保全のためのドライアイスが無く、震災による燃料不足で、火葬場の受け入れ態勢も不完全で、火葬までの順番待ちが多くなる状態でした。そのような緊急事態のため普段行わない土葬をされる方もおられました。このように、救援に来たにも関わらず、必要な物が足りない状態で、被災された方々に申し訳無い気持ちで活動していましたが、御遺族の方々から感謝の言葉や、私が大阪から来ている事を知って、「食事はとれているか?」「休めているか?」など逆に心配していただいたのはありがたかったです。10日間程、気仙沼市で救援活動に従事し、次に救援に来た葬儀社の方々に引き継ぎ、私は気仙沼を離れ大阪に戻りました。

救援活動を経て。

大阪に戻り普段の仕事に戻ってからも、気仙沼市の葬儀社とは定期的に、近況を電話で話していました。今後も気仙沼市の復興を見守って行きたいという思いで、毎年3月11日は気仙沼市で行われる慰霊祭に参加し、気仙沼市の葬儀社の方々と会い、現地の復興状況をこの目で見ながら、三陸の海の幸を堪能させてもらっています。

 

 

撮影:西村宣茂

このような縁で、一緒に東日本大震災で仕事した方々から、今回の大阪北部地震直後に連絡をもらったことには嬉しさを感じました。その声に勇気づけられ、冷静に行動と対策をとり、大阪北部地震当日の葬儀の乗務を無事に終えることができました。心配して連絡をいただいた方々には本当に感謝しております。葬儀は「無事に滞りなく終えること」が当たり前ですが、今回のような地震などの災害時でも、そのような「当たり前」を行うことができること、そして、そのような事態が起きたとしても頼られる葬儀社を目指し、これからも日々精進で仕事をしてまいります。

そんな私が皆様のお葬式をお手伝いさせていただいております、大阪家族葬フローラルホールでは、24時間365日無料のご相談も受け付けておりますので、是非ともご連絡下さいませ。皆様のご相談やお悩みについて親身に対応させていただきます。さらに、大阪フローラルホールでは毎月様々なイベントを開催しております。ご家族・ご友人との交流の場として、お気軽にご参加下さい。

大阪の家族葬会館フローラルホールへのご相談、見学、イベントの参加は下記のフリーダイヤルまでご連絡下さい。

👈資料請求お問い合わせはコチラのフォームにお願い致します。

葬儀ページトップへ